スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色考察:青編

というわけで、久しぶりに考察などをやってみようかと思います。
今回は青です。
…まあ、大して特別なことをかけるわけではありませんが、お暇な方は読んでやってください。

というわけで以下本文…。

現状の青は、非常に大きいサイズと安定したアドバンテージ、後半での爆発力が売りと言ったところですかね。

まず特徴的なカードとして浮かぶのは「アムロ・レイ」ではないかと思います。
3・2・3というサイズアップを専用機であれば3~4国で行えるうえ、条件があるとはいえ、比較的簡単に2ドローが付いてきます。
安定したドローとサイズ、爆発力に大きく貢献する素晴らしいカードです。
現状の基準サイズが、ジオンの栄光を回避できる8であることを考えても、この防御3は非常に大きいですね。

続いて「初出撃」も挙げられると思います。
νガンダムが目立ってしまいがちですが、実際に活躍が多いのは初出撃だと思います。
青の動きとして、基本的に序盤はドローカードによるアドバンテージを稼ぐことに徹する機会が多いかと思います。
無論、そこから生まれる後半の爆発力やマグコ等のアンタッチャブルユニットの強力さは素晴らしいのですが、現状のジオン単環境では、そこに行きついても本国が足りないパターンも多いです。
そこに置いて、ユニットを展開しつつの5点は非常に大きな意味があります。
さらに、νガンダムという素プレイの難しいユニットを一国早く、ノーコストで展開可能となればその強力さは言うまでもないでしょう。
今後、Hi-νやダブルフィンファンネルが増えればこのカードの強さはさらに向上することでしょう。

CCA側で見なければ、敵の姿、可能性の獣というまだまだ一線級のカードを持ち続けているUCもあります。
こちらで考えてしまうと、どうしても色が青赤に固定されてしまいがちですが、こちらも安定的なアドバンテージと序盤を抑える手段を持ち合わせている、環境的に優れたサインだと思います。

何度も述べているように、青はアドを稼ぐことにかなり優れていますが、動きだしが若干遅いため、その手札を活かすことが出来ないパターンが往々にしてあります。
それを解消するためにも、個人的にもEz-8&シローはかなり有効なカードであると思います。
兎に角手数の確保は青の勝ち筋に直結しますし、単体で考えた場合でも、きっちり残ったコストを打点に変えてくれる等、デッキの動きの穴を塞ぐ意味でも非常に有効です。

単色で運用も可能だとは思いますが、現状は単色の穴を埋めるべく組み合わせて使うパターンが多いですね。
ただ、どの方向に向かってもある程度サインを要求される色ではあるので、デッキ構築に若干の縛りが付きまとうのが欠点でしょうか…。
まあ、どの色でも強力なカードを積んでデッキを構築するとある程度固定枠が出来てしまうことを考えると、欠点というのは間違っているような気もしますが…。

とまあ、こんな感じでしょうか。
動きの基本は序盤できっちりアド差をつけ、後半でそのアド差でひっくり返す。
このための手数と時間稼ぎに注意することがこの色を回す上で一番重要かと思います。(08は別ですが)
混色まで含めて考えると、一番使用率の高い色ではないかと思うこの色、広島、横浜でも結果を残すことと思います。

とまあ、今回はこの辺で…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
FC2カウンター
プロフィール

レッドコート

Author:レッドコート
MTG始めました。

ツイッターもやってます!こっちでもよかったら仲良くしてやってくださいm(__)m

スカイプもやってたりします。

スカイプID:redcoatgw
スカイプ名:レッドコート

よかったらお話なりスカイプ対戦なりやりましょう。
結構受け身なので、メッセージ貰えると嬉しいです。

とりあえずニコニコ動画にコミュニティも作ってみました

赤服のガンダムウォー ニコニコ支店

こちらもぜひよろしくお願いします。
出来たら楽しく生放送できたらなぁと思ってます。

でやってます。
是非一緒にプレイしましょう!

相互リンク、コメント大歓迎です。
こんな拙いブログですが、ぜひよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。