スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せカード

最近この手の脳内構想の文章化が多いなぁ…。まあ、適当に流し読みしていただければ十分だと思います。

現在のガンダムウォーにおいて、デッキに一枚刺しするカードの意味や用途、というか、私自身がデッキを作った際にそういうカードに求める物は、デッキの最大対応幅?(とでも言うべきですかね)を広げること、そして、見せるだけで効果があるカードである。ということがあります。
もちろん、見せるだけで意味のあるカードだから一枚しか積まないのかというとそれはまた別ではありますが…。

これはカード同士の戦いというより、プレイヤー同士の心理戦の分野だとは思いますが、一度見えてしまうとどうしてもそのカードに対しては警戒心を抱いてしまいます。そのため、あるかどうかも分からないそのカードにおびえてアド損をしてしまう、本来出せる力を発揮できない…。といった流れに持ち込むことが出来れば、そのカードの役割は果たせたと思っていいのではないかと思います。

分かりやすい例がクイン・マンサですかね?あとは激しき情念や魂の輝き、ゼクツヴァイ、GNフラッグなんかにも当てはまるかもしれません。
これらのカードの出現を前提に自身の場を守ることを考えると、どうしても一歩引き気味になってしまいます。単純に相手に手札があるということだけで動きだしづらくなってしまいます。
そこで一歩引いて打点を抑えるなり、何もしていないのに守りに入ったり手札に予備戦力を温存したりといった形に陥ってしまうと、それだけで本来出せる打点なりアドバンテージなりというものは失われていきます。
もちろん、逆もあるので、不用意に攻めるのがいいというわけではないですけどね。
こういう心理的な駆け引きのために、本来のコンセプトとは少しずれたカードを一枚だけ刺しておく。なんてことは有効に働く場合もあるかもしれません。もちろん、デッキに無理やり枠を作ってまでやることではないですけどね。
こういったカードの効果は、(それ以前の試合は見てないものとする場合)2戦目以降にしか効いてこないですし…。もちろん、構築的に入りそう…と考えさせるカードは別ですが。

こういった場合、心理戦以外にも情報戦を制することができれば全体の流れをつか見やすくなると思います。
ハンデスは手札を切る以外でも、こういった意味で中々有効な手段だと思います。
手札を公開してもらうということはそれだけ自分のやりたいことの道筋を立てることにもつながるので、出来ればそういう手段を持っておくのもいいと思います。

ネグザに移行してもこれに関しては同じこと、というかむしろ一枚のカードを大事にしなければならないという意味では、むしろさらに効果が上がることも考えられます。
使用した時の効果だけでなく、こういった背景も考えながらデッキを組むと、違った発見が出来るかもしれません。…という脳内構想でした!

とまあ、今回はこの辺で…。
つまらない長文を失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

レッドコート

Author:レッドコート
MTG始めました。

ツイッターもやってます!こっちでもよかったら仲良くしてやってくださいm(__)m

スカイプもやってたりします。

スカイプID:redcoatgw
スカイプ名:レッドコート

よかったらお話なりスカイプ対戦なりやりましょう。
結構受け身なので、メッセージ貰えると嬉しいです。

とりあえずニコニコ動画にコミュニティも作ってみました

赤服のガンダムウォー ニコニコ支店

こちらもぜひよろしくお願いします。
出来たら楽しく生放送できたらなぁと思ってます。

でやってます。
是非一緒にプレイしましょう!

相互リンク、コメント大歓迎です。
こんな拙いブログですが、ぜひよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。