スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑赤

最近こればっかりですね(笑)
7弾のカードがかなり強そうなので、そこからさらにぶっ飛びそうなデッキです。

とりあえず現状の形を…。

UNIT
シャア専用ザク2(1弾)×3
シャア専用ズゴック×1
グフ(ランバ・ラル機)×3
ドップ(ガルマ機)×3
プロトタイプケンプファー×2
ケンプファー×3
ケンプファー(チェーンマイン)×1
α・アジール×1
ケルディムガンダム×2
ノイエ・ジール×1

CHARACTER
ランバ・ラル×3
シャア・アズナブル(4弾)×3

COMMAND
歓待×3
拡散メガ粒子砲×2
帰ってきた狙撃手×2
逆襲のシャア×3
リフレクタービット×2
地力の差×2
反逆者×3
摂政政治×2
胸のときめき×2
その名を背負いて×2

GRAPHIC
緑赤グラフィック×3

今はこんな感じになりました。

前回の形よりももう少し後ろに対する耐性を高めに。
その分序盤に対する耐性のために、新たなる狙撃手はその名を背負いてに変更。
少し色のコントロールが難しくはなりましたが、対ネオジオング等はかなり強くなりました。
名古屋大会の候補デッキの一つでもあるので、もう少し調整していきたいです。

とまあ、今回はこの辺で…。

緑赤

個人的に良く使うデッキその2です。

UNIT
シャア専用ザク2(1弾)×3
シャア専用ズゴック×2
シャア専用ゲルググ(SP)×1
グフ(ランバ・ラル機)×3
ドップ(ガルマ機)×3
プロトタイプケンプファー×3
ケンプファー×3
ケンプファー(チェーンマイン)×2
ケルディムガンダム×2
ノイエ・ジール×1

CHARACTER
ランバ・ラル×3
シャア・アズナブル(4弾)×3

COMMAND
歓待×3
手練れ×3
拡散メガ粒子砲×1
帰ってきた狙撃手×2
ジオンの栄光×1
逆襲のシャア×2
無能な士官×2
反逆者×3
胸のときめき×1

GRAPHIC
緑赤グラフィック×3

とりあえずこんな感じになりました。

サイクロプス隊よりこちらの方が個人的に手に馴染む感じがあって好きです。
対緑撃墜王が少し辛いですが、ネオジオング系に対してはかなり効果を発揮するデッキではないかと思います。
構築も撃墜王よりそちらを強めに見た感じに。

対撃墜王を考えるのであれば、バウンス系より焼き、具体的にはアルテミーやその名を背負いて等を増量するとかなり戦いやすくなりそうです。

サイクロプス隊が多少ムラのあるデッキであるのに対し、こちらはある程度デッキを回す手段を備えていることに加え、後半までの繋ぎも多く存在するため、後半から巻き返すことが比較的容易です。
そのあたりを総合的に考え、次の名古屋大会ではメタが変わってきそうです。

とまあ、今回はこの辺で…。

青赤理念

今日使ったデッキです。

ACE
キュベレイ&ハマーン×1

UNIT
GNアーチャー×2
アリオスガンダム×1
ギラ・ドーガ(フロンタル機)×3
ローゼン・ズール×2
シナンジュ・スタイン×3
シナンジュ(バズーカ)×1
シナンジュ(サイコ・フィールド)×1
ネオ・ジオング×2
ネオ・ジオング(サイコ・シャード)×3

CHARACTER
プルトゥエルブ×3
リディ・マーセナス(St)×1
カーディアス・ビスト×2

COMMAND
敵の姿×3
リフレクター・ビット×3
比類なき力×2
呉越同舟×3
縦横無尽×3
大胆不敵×3
理念の化身×3
解き放たれた翼×2

OPERATION
忌まわしき記憶×1

GRAPHIC
青赤グラフィック(UC)×2

まだまだ微妙な点も多いので、もう少し調整ですね。
色々バランスの悪い点も多かったですし、今日の大会が緑単撃墜王に寄っていたことも含めて考えるとまだやりようはありそうです。

とまあ、今回はこの辺で…。

赤青ネオジオング

今日の大会で使用したデッキです。

ACE
キュベレイ&ハマーン×1

UNIT
ゼー・ズール(ビームマシンガン)×2
GNアーチャー×2
ギラ・ドーガ(フロンタル機)×3
ローゼン・ズール×2
シナンジュ・スタイン×3
シナンジュ(バズーカ)×1
シナンジュ(サイコ・フィールド)×1
ネオ・ジオング×3
ネオ・ジオング(サイコ・シャード)×3

CHARACTER
プルトゥエルブ×3

COMMAND
敵の姿×3
宇宙を駆ける×1
リフレクター・ビット×3
比類なき力×2
呉越同舟×3
縦横無尽×3
大胆不敵×3
解き放たれた翼×3
胸のときめき×1
運命の奔流×2

OPERATION
忌まわしき記憶×1

GRAPHIC
青赤グラフィック(UC)×1

SIDE
ジ・O&シロッコ×1
比類なき力×1
四枚羽根×1
地力の差×3
胸のときめき×1
忌まわしき記憶×1
脳量子波の干渉×2

本日のMVPは何と言ってもGNアーチャーでした。
早いデッキに対しては足止め+アタッカーとして、同系対決の際にはフィニッシャーとして大活躍です。

基本的に対サイクロプスに寄せた形での作成に。
実際に当たることは無かったにせよ、これくらいは見ておいて損は無いでしょう。
他のデッキに対してはもともと五分五分以上の戦いが出来るポテンシャルを持っていますし、多少苦手なデッキ対策に枠を割いたところでそう問題はありません。

サイドの四枚羽根が微妙なところでしたね。
対緑撃墜王が辛いことを考えると脳量子波3枚目でも問題は無さそうですが…。
とりあえずその辺りが今後の課題でしょうか…。

とまあ、今回はこの辺で…。

緑単サイクロプス隊

どうも同じデッキばかり触る傾向にあります。
まあ大型大会前ですし、そこを見てデッキを触るのは普通ということにしておきます。

ACE
ノイエ・ジール&ガトー×1

UNIT
ザク2改(バーニィ機)×3
ドップ(ガルマ機)×3
グフ(ランバ・ラル機)×3
ハイゴッグ×2
ズゴックE×3
ケンプファー(試作機)×2
高機動型ザク2(ジョニー・ライデン機)×1
ケンプファー×3
ケンプファー(重装型)×3
ケンプファー(チェーンマイン)×3

CHARACTER
ハーディー・シュタイナー×3
ミハイル・カミンスキー×2
バーナード・ワイズマン×1
アルフレッド・イズルハ×2
ランバ・ラル×3

COMMAND
垣間見える時×3
ジオンの栄光×2
誰が為に×1

OPERATION
基地侵入×3
追悼演説×3

こんな感じになりました。

序盤の行動次第で非常に動きに差が出るデッキだったため、デッキ内のシナジーよりも単体のパワーを追求しました。
環境がサイクロプス隊やネオングに寄るのであれば、ラルグフセットは非常に強力なので、そこを見ての採用に。
まあ、相手が中途半端な周りであればこれ単体で押し切れるスペックがあるのは間違いないですしね。

ハイゴッグを中心としたサイクロプス隊のカードは、カードとしての噛み合いを見れば採用なのですが、根本的にカードパワーが低すぎるため、今回は非採用。
速度重視のデッキであることに加え、実はこのデッキの一ターンに出せるダメージ値はそう大した値では無い為、どうしても安定感が多少低い部分があります。
とはいえ、このデッキの強みは基本的にその爆発力と序盤の継続的高打点にあるので、そこを是正してしまうのはデッキパワーを落とすことに繋がりかねません。

さて、グランプリでは恐らく使用率の相当高いところに居るでしょうが、どこまで勝ちきれるかが気になるところです。
とまあ、今回はこの辺で…。
FC2カウンター
プロフィール

レッドコート

Author:レッドコート
MTG始めました。

ツイッターもやってます!こっちでもよかったら仲良くしてやってくださいm(__)m

スカイプもやってたりします。

スカイプID:redcoatgw
スカイプ名:レッドコート

よかったらお話なりスカイプ対戦なりやりましょう。
結構受け身なので、メッセージ貰えると嬉しいです。

とりあえずニコニコ動画にコミュニティも作ってみました

赤服のガンダムウォー ニコニコ支店

こちらもぜひよろしくお願いします。
出来たら楽しく生放送できたらなぁと思ってます。

でやってます。
是非一緒にプレイしましょう!

相互リンク、コメント大歓迎です。
こんな拙いブログですが、ぜひよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。